スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告
自作倉庫7:龍の往復運動
3ヶ月も放置してしまったようで、お久しぶりです。引き続き、海外での調査中です。
全国大会にも参加したかったのですが、今年は残念ながら見送りました。

多忙につき、重い記事はしばらくお休みです。

今日は自作紹介…というか、作品にもならないレベルの素材なのですが。
せっかくなので15秒ほど考えてみてください。一本道なので、すぐに解けると思います(答えは数行下です)。
150801_19手










作意手順:
48桂、同飛生、27龍、35玉、47桂、同飛生、24龍、36玉、37歩、同飛成、
48桂、同龍、27龍、35玉、47桂、同龍、36歩、同龍、24龍まで21手詰。

ヤン詰の解付きに出そうかとも考えたものの、結局blogと言う結論に。
実はこの作品は、期発表の自作(下図)をいじっていて得たものです。

自作(2014年6月創棋会作品展)
14-06創棋会(28)
27龍、46玉、19角、28歩合、同角、35玉、47桂、同飛生、24龍、36玉、
48桂、同飛成、27龍、35玉、47桂、同龍、36歩、同龍、24龍、同玉、
46角まで21手詰。

少しわき道にそれますが、この作品の両王手の形は一度作ってみたかった
のです。憧れていた作品はこちら。(高橋農園「看寿賞に選ばれなかった傑作」コーナーより)

橋本樹氏作(1978年6月号詰将棋パラダイス)

46馬、44玉、56馬、35玉、57馬!、26玉、48馬、35玉、44龍!、同玉、26馬まで11手詰。

本題の龍の往復に戻って、EOGさんのブログで私の作品とよく似ているよ、
と指摘を受けたのが下図。
谷岡里覧氏作(21手詰、詰将棋パラダイス1998年8月号)

15龍、27玉、45角、36歩合、同角、同飛生、18龍、26玉、38桂、同飛生、
15龍、27玉、39桂、同飛成(ここを同飛生は28歩、同玉、18龍)、
18龍、26玉、38桂、同龍、27歩、同龍、15龍まで21手詰。

これをこってりさせるとこんな図面。
平井康雄氏作(1993年7月創棋会作品展)



これは、創棋会作品展の自作図面を見せたときに、金子さんから教えてもらいました。
序の駒取りが目立ちますが、よくできています。
37銀、同飛生、47角、同飛生、48桂、同飛生、27龍、35玉、47桂、同飛生、
24龍、36玉、37歩、同飛成、48桂、同龍、27龍、35玉、47桂、同龍、
36歩、同龍、24龍まで23手詰。

つらつらと思いつくままに図面をあげてみましたが、
素材は一緒でも、味付けが異なる作品の例として示せるかと思います。

どれが優れているとかは優越つけがたいですが、個人的には、
素材だけでできている(駒取りのない一番最初の自作がお気に入りだったり。
こういう作品は本誌では全く評価されないもので、どこかでまとめてフリー素材として
置いておけるといいのですが…。

ではでは、このくらいにしておきます。
関連記事
スポンサーサイト
[2015/08/01 20:56] | 自作倉庫 | トラックバック(0) | コメント(2)
<<詰将棋懐石11:黒龍江氏作「馬賊戦記」 (詰将棋パラダイス1996年1月号_修正図) | ホーム | 私が詰将棋にのめりこんだきっかけ>>
コメント
これ、平井氏作があるなら、どれも類似作でアウトだと思いますが…。
[2015/08/02 09:35] URL | 解答欄魔 #-[ 編集]
そうなんですよね。類似作をアウトとすると、どれもアウトになってしまいます。
ただ、似ている素材と言うのは現在の詰将棋にはあふれているので、
そこから先をどうやって味付けしようか、というのも、創作の一つなのでは、と最近は考えています。
もちろん、新しい作品を作る方がずっと素晴らしいことですが。
[2015/08/02 11:45] URL | h160se #TT0fzUCU[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://shogisolving160.blog.fc2.com/tb.php/25-a9db2a33
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
詰将棋懐石メモ~h160seの倉庫~


※あまりにも陳腐な名称なので漢字を少しかえてみました。懐石料理のようにじっくりと詰将棋を味わう意味も込めて。

プロフィール

shogisolving160

Author:shogisolving160
詰将棋の自作置き場、及び人の作品の覚書。人に見せるというよりも、自分の頭を整理する意味が強いので、その辺お許しください。あ、リンクフリーです。

※図面を勝手に掲載された!という作者の方へ
勝手に図面を掲載してしまい、不快な思いをされた場合はお詫び申し上げます。連絡いただいた場合は速やかに記事を削除させていただきますので、どうぞご連絡ください。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。