スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告
詰将棋解析3:岩田俊二作(詰将棋パラダイス2009.3)
※ここのところ頻繁にアップしていますが、近々離島へ飛び立つことになりそうなので
その際は記事の更新が数か月お休みになります。よろしくお願いします。

前回の自作は余詰で本当に申し訳ございませんでした。
開き直ってそのままにしていますが、いつか修正しようと思いますので
よろしくお願いします。

話は変わって今回は作品のレビュー。
最近の詰パラ本誌で特に感動した作品の中から一つ、選ばせていただきました。

岩田俊二作(詰将棋パラダイス2009.3)
iwt0.png

今回こそ図面が大きくなっていることを祈るのですが。どうでしょうか。
→調整方法を把握したので、ちょうどいい大きさにしました。

さて、いかにも罠だらけの初形。飛車で王手をかけられそうですが、
対して52香・41角のバッテリーが控えています。
すなわち、初手64飛のような手では54香の移動合で逆王手。
iwt1.png

一方攻方に目を向けてみると、28桂・29香のバッテリーが控えています。
これを活かすために、どこかで24と、同玉という手が入りそうです。

仮に初手から24と、同玉と進めるとすると
【24と、同玉、36桂、14玉、44桂、58香成】
iwt2.png

何と先ほどの41角・52香のバッテリーが効いてきて逆王手です。
ここで閃いたでしょうか。74飛と王手をかけて飛車を4段目に持ってくれば、
さらに44桂を動かせるのではないか。そして見事に相手の角道をふさげるのではないか。
先ほど見たように相手のバッテリーに注意して、74飛としてみましょう。

仮想手順ですが、初手から
【74飛、54香、24と、同玉、36桂、14玉】
iwt3.png
【44桂、58香成、52桂成まで11手詰】
なお2手目香打合でも同様に進むことができますが、最終手で駒が余りますので移動合。

さて、この手順にはいくつか穴があります。
・まず一点目に、24とに対して44玉と逃げる変化。
iwt4.png
上図以下33銀生、53玉と追いますが、74飛が41角に睨まれていて手出しできません。
iwt5.png

振り返って、74飛、54香の交換が入っていなければ、24とに44玉以下
【33銀生、53玉、73飛成】として詰むようです。
iwt6.png

・2点目。気づきにくいですが、36桂に34玉とされると以外に手出しがしづらい。
iwt7.png

先ほど同様74飛は動けません。
ここで67馬とできれば詰むのですが、67飛が邪魔をしています。

さかのぼって24と、同玉の瞬間に27飛、34玉、24飛、同玉と邪魔駒消去をしておけばいいようです。
iwt8.png
上図であれば67馬の一手詰めです。

ただここでひとつ、手順前後の罠が待ち構えています。すなわち初手から
【24と、同玉、27飛、34玉、24飛、同玉、74飛】とすすめると、
【64歩合】
iwt9.png

同飛にはもちろん、54香で逆王手です。かといって36桂と跳ねたのでは最後が王手になりません。

さかのぼって、67飛があれば、74飛、64歩合には同飛行以下容易に詰みます。
iwt10.png

これで手順が一意に定まりました。
【24と捨て】→【74飛、54香の交換】→【67飛の消去】→【桂の3段跳】

最初から作意を並べると、以下のようになります。
iwt0.png

【24と、同玉、74飛、54香、27飛、34玉、24飛、同玉、36桂、14玉、44桂、58香成、52桂成まで13手詰】
iwt11.png

詰上がり図の成桂と成香の配置が印象的。

【感想】
実際に解いたかのような解説の書き方をしていますが、
この記事を書いた本人は何となく暗算で作意を見破って「簡単じゃん」と思っていたら
解答を見て奥の深さにびっくりしたタチです。当然、手順前後で誤解。
結果稿での誤解者は21名。きっと私と同じような感想を持っておられるのでしょう。

改めてこの作品を眺めてみると、13手の中によくこんなに盛り込んだなという印象。
2手目の香移動合は打合でも同じように見えますが、実は最終手の桂成と絡んでいる。
67飛車の消去は36桂跳に34玉と逃げられた時のための伏線。
手順の密度というよりも、こんなにたくさんの仕掛けを、同じ舞台で実現できている点、
さらにそれらが一本の論理で見事に結びついている点に感動を覚えたのです。
今井光作品でもそうですが、私はこういった組み合わせの妙がすきなのかもしれません。

岩田さんは他にもおもしろい構想作をいくつか発表されていて、
個人的にとても気になっている作家です。

13手詰にしてやたらと長い記事を書いてしまいました。
また気に入った作品をいくつか書いていくつもりです。

それでは。
スポンサーサイト
[2013/04/29 22:39] | 詰将棋鑑賞 | トラックバック(0) | コメント(2)
自作倉庫2:19手詰
詰将棋作家なら人ぞれぞれ、自作の保存方法があるかと思います。
多いのは柿木将棋で棋譜として保存する、などでしょうか。

私の場合は大学に入るくらいまではすべて完成図を紙のノートに書いていました。
しかし、しだいに中編を作るようになったり投稿管理が億劫になったり。
一番困ったのが作成中の図面で、どこに行くでもなくあふれるようになってしまいました。
柿木を持っていないため、パソコンで図面を作成・フォルダ分けする方向に変更。
現在は「投稿中」「投稿予定」「既発表」「没」「投稿しないけどどこかで使いたい」「作成中」で分けています。

ブログに掲載する自作は主に「投稿しないけどどこかで使いたい」つまり、
パラに投稿するにはかわいすぎるけど個人的には捨てがたい、という作品を載せていこうと思います。
19-3.png

というわけで今回の作品。半年前にパラ短大にそこそこ自信を持って投稿したものの、あっさりと返送。
言われてみれば既成ですが、そのまま没にするのももったいないのでこちらにアップします。

特に解答募集などしませんが、コメント下さると喜びます。
解答と解説はまた時間のあるときにぼちぼち付け足していきます。

==================以下4.29付け足し分==================
【作意】
26龍、25金合、同龍、同玉、22飛、24飛合、36金、14玉、26桂、同飛、
25金、同飛、26桂、同飛、36角、同飛、32角成、同飛、26桂まで19手詰

【変化・紛れ】
・2手目25歩合は36桂、34玉、35飛以下。金合だとこれが詰まない。
・4手目同桂は14飛、同玉、26桂以下。
・8手目34玉は26桂、同飛、46桂、同香、45金以下。

【作者コメント】
非常にきれいにできているのですが、皆さまコメント下さったように
手順の大部分を占めている収束部分が既成、というのがインパクトの弱い一因かと思われます。

>、パラ2011年10月号竹村孔明作
を指摘として挙げていただきましたが、収束だけを切り取るとこういうことですね。

もう少し何かメインを付け加えたり、飛車を移動合にして序で翻弄の逆算をつけたりしないと
この素材をそのまま持ってくるのは難しそうです。

==================以下4.29付け足し分その2==================
【悲報】

hiraiさんからご指摘いただきました。本作は3手目22飛以下、余詰だそうです…
22飛、23歩、36桂、34玉、23飛成、45玉、44桂、36歩、25龍、56玉、65龍、57玉、69桂、47玉、39桂以下。
2枚龍は強かった…。
ご指摘くださり、ありがとうございます。

解いて下さった皆様、余詰作を出してしまい、申し訳ございません。。。
修正は容易かと思いますが、またそのうちということで。

素材としては成り立っているものなので、いい方向に発展させられる創り方があれば
どなたか教えてください。

それでは。
[2013/04/25 22:26] | 自作倉庫 | トラックバック(0) | コメント(4)
詰将棋解析2:田島秀男作(詰将棋解答選手権2013)
お久しぶりです。
意外と早く更新できたかな…?

※図面は大きくしてみたつもりですがいかがでしょうか。大きくなってますか?
→大きくなってないですね。クリックしてみていただくしか方法が今のところ思い当りません。トホホ。

田島秀男作
詰将棋解答選手権・チャンピオン戦(2013.3)

tajima1-1.png
※9月25日、図面がおかしかったので修正しました(ようやく…)。

【作意手順】
68香、同金、58桂、同金左、78桂、同金、69香、同金左、
68香、同金右、58桂、同金、67香、同飛成、78桂、同龍、56龍まで17手詰

【手順の成り立ち】
まず以下の条件を読まれて理解していただくと、変化紛れがすっと入ってくるかと思います。

■条件
[a]78、68が両方埋まると46龍、同馬、75銀、67玉、76角で詰む(→幻想作家さんご指摘ありがとうございます。太字部分は修正しました)
[b]58桂に同飛成とされた時、77に利きがなければ77龍で詰む
[c]58桂に67玉と逃げられた時、68が埋まっていれば56銀で詰む
[d]67香に同玉とされた時に、58銀と金が取れれば詰む
[e]67香に同飛成とされたとき、78桂を打てれば詰む
[f]67と57が両方埋まっていると、46龍、同馬、75銀で詰む

つまり、
1)78桂に備えて、78から金の利きをどかす[e]
2)67香を打ちたいが
3)そのためには金は58に移動させないといけない[d]
4)58に金を移動させるためには68に金を置かねばならない[c]
5)はじめ3)4)を行うと48から金が来るので、これを69にどかすことで
6)78金を68~58と移動させることに成功する
という流れです(※ここの部分の説明が非常にへたくそです。どなたかいい説明があれば教えてください)

条件[a]によって68合が、また[f]によって67合が、
シンプルに処理されています。
ごめんなさい、図面を使っていないのでちょっと見にくいのですが
下線を引いた条件で全ての変化紛れが説明できることをご確認いただければと思います。

■変化
2手目
同銀成は57龍で
 同銀成なら65飛まで
 同玉なら46龍、同馬、75銀、67玉、76角まで[a]
67合は46龍、同馬、75銀まで[f]

4手目
同飛成は77龍まで[b]
67玉は56銀まで[c]
同金右は67香、同玉、58銀以下[d]

8手目
68合は46龍以下[a]
同金右は67香以下[d][e]

10手目
同金引は46龍以下[a]

12手目
同飛成は77龍まで[b]
67玉は56銀まで[c]

■紛れ
初手
58桂は同飛成で逃れ[^b]
69香は同金、58桂、67玉、56銀、68玉で不詰[^c]

5手目及び7手目
67香は同飛成で逃れ[^e]

9手目
67香は同玉でも[^d]、同飛成でも[^e]逃れ
58桂は67玉で逃れ[^c]

11手目
67香は同玉で逃れ[^d]

【感想】
先日の解答選手権・チャンピオン戦では大阪で補助員としてお手伝いを行っていたのですが、ついでに問題をリアルタイムで見るという素敵な経験をさせていただきました。
審判席で図面とにらめっこしていましたが、もし参加したとしても
順位はまんなかくらい。上位に入られる方は本当にすごい。

チャンピオン戦の中で最も印象に残ったのはこの作品。
90分中半分くらい考えてしまい結局解けず、正解を見たときには、なぜ頭の6手が成り立つのか
理解できませんでした(初手69香と決め打ちしていたので、68香が完全に見えなかった)。
ということで覚書の意味も込めてこの作品を解剖。

こんな手順でこの持ち駒で成立するのか、こんな詰将棋が隠れていたのか、とただただ驚くばかりです。
解説するというよりは、ああ、こういう構造で成り立っているんだ、
ということが何となくわかっていただけると嬉しいのですが。
特に言葉で書くこともなく、上の条件で言い表せているでしょうか。

単純な変化紛れの量で難解さを作っているのではなく、
作品を並べたときに理論的に成り立っているような、
人の手で作ったことが伝わってくる作品が多い。
それでいて詰将棋の限界に挑戦している作品群。
田島秀男さんは、私の最も尊敬している作家の一人です。

※ちょっと今回時間が短く、作品に関して書き切れていない部分も多々あります。
何か過不足がありましたら、コメント欄で補足・ご教授いただけると助かります。

それでは。

【参考サイト】
http://blog.goo.ne.jp/shogi-problem
詰将棋解答選手権速報ブログ(第10回チャンピオン戦出題作品・第一ラウンドより)
[2013/04/19 14:43] | 詰将棋鑑賞 | トラックバック(0) | コメント(2)
詰将棋懐石メモ~h160seの倉庫~


※あまりにも陳腐な名称なので漢字を少しかえてみました。懐石料理のようにじっくりと詰将棋を味わう意味も込めて。

プロフィール

shogisolving160

Author:shogisolving160
詰将棋の自作置き場、及び人の作品の覚書。人に見せるというよりも、自分の頭を整理する意味が強いので、その辺お許しください。あ、リンクフリーです。

※図面を勝手に掲載された!という作者の方へ
勝手に図面を掲載してしまい、不快な思いをされた場合はお詫び申し上げます。連絡いただいた場合は速やかに記事を削除させていただきますので、どうぞご連絡ください。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。